DDD 3D無線クラブ 目次へ     無線あそびのススメ 
3D無線クラブ 3D RADIO CLUB

26、無線機マイク自動切替器の作り方

無線機のマイクを差し替えて使いたい時にとても便利なマイク自動切替器を作ります。
スタンドマイク、モービルフレキシブルマイクなどと、メーカー標準マイクなど2本のマイクを、接続したままで、
プレストーク (PTT) を押したマイクに自動に切替り使用できます
通常は、マイク 1 につながっていますが、マイク 2 のプレストーク (PTT) を押すとリレーが動作して
マイク 2 に接続されます、マイク 2 に優先権があります。
通常は、マイク 1 にメーカー標準マイクを、
マイク 2 にその他のマイク接続が良いと思います
簡単な回路なので、リレーを接着剤、両面テープ等で裏面取り付けして空中配線します
マイクラインは、必ずシールド線を使用します。細いシールド線が扱い易いです
無線機使用のマイク端子、プラグ1個---ジャック(受)2個を用意します 
50〜60Cmのストレートマイクコードにプラグをつけて無線機マイク端子に接続します
マイク 1
マイク 2 は、ジャック(受)を取り付けます。

リレーは、2回路2接点を使います
今回は、オムロンのG6A-274P DC12Vを使用しました、端子配置、内部接続は図の通りです

マイク自動切替器製作例



無線機のマイク端子接続は、確実にします
無線機の重大な故障となることがありますので
無線機の取説などで確認して下さい
各メーカー各機種により異なることが多いいです

わたしは、このマイク切替器を利用して、
21、無線機用リレー VOX
をデジタルボイスレコーダーに接続し、
自動CQ呼出に利用しています、
応答があったら、マイクで通話できます

又、リレーを追加して3本以上のマイク切替も出来ます
最近の無線機マイクのモジュラー端子は専用圧着工具が必要です


DDD 3D無線クラブ 目次へ戻る

                        Copyright(c) 2001 3D RADIO CLUB All rights reserved